結婚までの私たちの道のり

行き当たりばったりだけどこれが私の運命だと思う

行き当たりばったりだけどこれが私の運命だと思う

By on 2015年2月9日

結婚して、早いもので7年目。
今では2人の子どもがいて、普通ではあるけど、楽しく幸せな日々を送っています。

主人と出会ったのは、私が22歳のとき。前の彼氏にひどい裏切られ方をした私に、友達が飲み会を開いてくれ、その時に出会いました。

すぐに連絡先を交換して、次に会う約束をし、2人で会うことに。
何度かデートをして、付き合い始めて1年位経った頃から私が住んでいたマンションで同棲を始めるようになりました。

私はその頃働いていた職場を年度末で辞め、転職する予定でいたのですが、主人(当時は彼氏)と話し合い、そのタイミングで結婚しようとなり、それから転職し、共働きになろうと思っていました。

そしてまずはその予定どうりに退職をし、両親への挨拶を済ませ、次は両家の顔合わせ…と進んでいたのですが、
その時になんと妊娠が発覚。
正直、うれしい気持ちと戸惑いが半分半分でした。

結婚の話は既に進んではいるけど、まだ私にはやりたい仕事もあったのに…子どもを育てるのはまだまだ先だと思っていたのに。

でもせっかく授かった我が子。
もちろん主人もとても喜んでいたし、両家の顔合わせでも、どちらの両親もすごく喜んでくれ、孫の顔を見せてあげられることに、自分自身もよかったなと思えました。

式はもともと次の年の3月に挙げる予定だったのが、出産が3月になってしまったので早めに行うことになり、11月に決定。
7月の妊娠発覚から、バタバタと入籍や結婚の準備、引越し、そして出産の準備と、慌ただしく日々が過ぎていきました。

そして11月に式を挙げ、2月に里帰り出産のため実家に帰省。
3月に無事に出産をして5月にまた主人のもとへ。

ただ、主人が建てるはずの新居の工事が間に合っておらず、とりあえずは主人の実家へ居候という形になりました。

すぐに引っ越せると思っていたのに、そこからなんと2年も同居生活が続き、やっと新居が完成。
あらためて娘が2歳、結婚して3年で新生活が始まりました。

そしてそこから3年後、2人目が去年生まれ、今では4人家族になることができました。

今思うと行き当たりバッタリではあるけど、でもこれが私たちの運命だったんだろうと思います。