結婚までの私たちの道のり

運命の相手に出逢いました

運命の相手に出逢いました

By on 2014年11月19日

私は塾講師の仕事をしていたのですが、あまりにも仕事が忙しかったため、当事付き合っていた彼氏とも破局し、仕事も事務職へと転職し、その後は全く出逢いもなく寿退社できたらいいのにとなんとなく毎日を過ごしていました。

転職した職場は周りが男性ばかりで、それなりにチヤホヤしてもらえましたが、気になる男性もいなく、このまま出逢いもないだろうと思っていました。

そんな時、会社の関係者の人逹も読んで飲み会をする事になり、その時に来た男性の1人を見て、私は一瞬にして恋に落ちてしまったのです。残念な事に、その彼とは席が遠くあまり話しをする事が出来ず、その場はお開きになってしまいました。

しかし数日後、たまたま会社にその彼が来ていて、偶然出逢いました。そして、帰り際にこの前の飲み会の時からすごく気になっていたと言われ、食事に誘われました。私も彼に会いたかったので、すごく嬉しくて一緒に食事に行く事にしました。

デート当日はドライブしながら食事に行き、良かったら付き合って欲しいと言われ、お願いしますと言い有頂天で帰ってきました。彼はすごく優しくて、誠実だったので、この人と結婚したいと思っていました。

その後もお付き合いが順調に続いて、バレンタインデーに逆プロポーズされて結婚する事になりました。お互いの両親もすごく喜んでくれて、結婚式の日取りもすぐに決まりました。今では子供も2人いて、すごく幸せな毎日を過ごしています。

運命の相手はどこかにはいるだろうと思っていましたが、私は初めて彼に出会ったときに、雷に打たれたような衝撃を受けたので、この人が運命の相手だと確信する部分がありました。また彼も私を見てそんな風に感じていたようです。

運命の相手に無事に出会える事が出来たので、転職したのも間違いではなかったと思いました。人生は何が起きるか分からなくて、たくさんの出逢いもあるので、これからの毎日も大切に過ごしていきたいと思っています。