結婚までの私たちの道のり

私たちに夫婦の結婚までのエピソード

私たちに夫婦の結婚までのエピソード

By on 2014年10月14日

結婚して13年目ですが主人との出会いから結婚までのエピソードをお話したいと思います。
主人との出会いはとある情報誌の恋人募集コーナーに主人が投稿したところを私が偶然発見してアクセスしたことから始まりました。お互い実家から出て一人住まいだったこと、家が近距離だったこともあり、すぐに恋人関係になりました。
今でもそうなのかもしれませんが、私は口下手で引っ込み思案な性格。人に対して心をなかなか開けないという欠点があります。それまで何度か恋愛を重ねてきましたが、どの相手とも心を本当に開いて仲良くなることはできず、いつも心のどこかを隠していたように思います。そういう付き合いって疲れるじゃないですか?だから私は主人と会うまではずっと一緒にいられる関係になれる人、結婚を対象とした相手が現れるなんて私にはないんだろうな~と思っていました。
主人はそれまでの人たちとはそういう意味で違っていました。何故と言われると口では説明できにくいのですが、主人には何故か不思議と心が素直に開けるんです。心を開いてお付き合いできるので、私は主人とはずっと一緒にいたいなと早いうちから思いました。そうは言ってもいいことばかりではありません。私も自己主張できる相手ですから、やはりケンカもしました。私はそれまで恋人とケンカをするなんて絶対ないようなお付き合いを繰り返していましたから、そんな自分に驚きつつも、主人にはすべてを受け止めて欲しいという気持ちもあって、ケンカする時は全力でぶつかっていったことを鮮明に覚えています。
主人の実家に初めて行ったときは自分の生まれ育った環境とはまるっきり正反対でびっくりしましたね。厳格な父親の元厳しい家庭環境で育った私だったので、笑顔の絶えない賑やかな主人の実家を訪れてこの人とならこういう温かい家庭を築けると確信しました。お互いないものを補いつつ、協力して生活してゆけるパートナーであるとお互い思ったんでしょうね。私たちは無事その後結婚までこぎつけ、子供も二人生まれ、幸せで賑やか(うるさい?!)家庭を築きました。